不動産エージェントのエイト不動産Labのリノベーション目的の不動産はこうして選ばれる!のページです。

リノベーション目的の不動産はこうして選ばれる!

Real Estate Agent

  • HOME
  • リノベーション目的の不動産はこうして選ばれる!

リノベーション目的の不動産はこうして選ばれる!

リノベーション目的の不動産はこうして選ばれる!

最近は中古物件を購入して、リノベーションを行う方も増えています。豊かな住まいや投資目的など目的は様々ですが、リノベーションに適した不動産選びは重要です。

こちらでは、リノベーション目的の不動産の選び方について、いくつかご紹介いたします。

まずは情報収集から

まずは情報収集から

リノベーション目的の対象となる中古住宅を選ぶ前に、徹底した情報収集をおすすめします。中古物件は新築に比べて情報量が少なく、住宅誌の写真だけで選んでしまい後悔するケースも見られます。

インターネットの活用や地元の不動産会社、実際に歩いて物件を見たり、周辺環境のチェックをしたりなど、物件情報をたくさんチェックすると相場観が養われ、確認すべき項目も判断できるようになります。

三重県で効率よく不動産情報を確認する場合は、エイト不動産Labにご相談ください。不動産エージェントが様々なご提案をいたします。

最低限チェックしたい項目

■ 快適性

住みたい人がリノベーション工事によって、快適に過ごせるか確認することは重要です。

例えばバリアフリーの設置や共有スペースの有効利用、小さなお子様用の設備やペットが楽しめる庭の広さなどが挙げられます。間取りの広さがどこまで可能か、ガスや水道などの配管の位置変更ができるかなどは費用に大きく影響するので注意が必要です。

騒音問題の有無や十分な日当たりがあるかも、快適性に繋がります。平日や土日、夜間や昼間など複数回確認すると総合的な判断ができます。

■ 屋外と屋内

外壁に大きなヒビ、異常な汚れなどがないかをチェックしましょう。大きなヒビは軟弱な地盤の可能性があり、異常な汚れは壁の内部まで腐食している可能性があるからです。基礎部分に細長く黒い汚れがある場合は、シロアリ被害が起こっている可能性もあります。

また、窓サッシや玄関などの建て付けも確認が必要です。開閉がスムーズにできなかったり隙間があったりする場合は、住宅構造に問題がある可能性も考えられます。屋内の壁や天井のシミ・カビの有無もチェックポイントです。雨漏りなどのトラブル発見、対策が可能となります。

構造や耐震性も確認する

構造や耐震性も確認する

リノベーション目的で不動産を選ぶ条件として、構造がしっかりしていることは重要です。基礎部分や屋根などの構造が老朽化していると、補強工事が必要になります。

購入を検討する物件が見つかったら、自治体による耐震診断や、業者による住宅診断などを利用すると安心です。リノベーション工事に加え、補強工事にどれだけ費用をかけられるかも大きな判断材料となります。

三重県のエイト不動産Labでは、不動産エージェントがお客様に代わって、リノベーション目的の不動産をお探しします。不動産の専門家が大手のハウスメーカーや地元の工務店、大家や経営会社と直接交渉するので、不利な条件での契約を避けることも可能です。不動産に関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP