不動産エージェントのエイト不動産Labの相続した遊休農地の活用パターンのページです。

相続した遊休農地の活用パターン

Real Estate Agent

  • HOME
  • 相続した遊休農地の活用パターン

相続した遊休農地の活用パターン

耕作や農地活用を行っていない遊休農地を相続した場合、どのような活用方法があるのでしょうか。
農地転用の必要はありますが、できるだけコストをかけずに賃料収入を得る方法もあります。

こちらでは、相続した遊休農地の活用パターンについて、ご紹介いたします。

駐車場

駐車場

不動産活用の中で比較的少ない資金からスタートできるのが、駐車場経営です。更地に区切り線を引いただけの青空駐車場や、管理人が常駐する立体駐車場など経営形態も様々です。

駐車場経営は借家権や借地権が発生しないので法的なトラブルが少なく、万が一のダメージも軽減することができます。
安定した現金収入があり、相続税対策になるメリットは大きいです。駐車場経営は次の不動産活用までの暫定利用として、手軽に始めることができるでしょう。

商業施設

立地条件が良ければ、地元に根ざした商業施設の展開も可能です。具体的にはコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ショッピングモール、百貨店、専門店などが挙げられます。

大規模な商業施設になると、スポーツ・文化施設と複合させたコミュニティー機能が備わっていることが多いです。若年層人口が残っている、交通利便性が高いなどの条件はありますが、成功すれば大きな収益が期待できます。

また、オフィスビルも比較的簡単に収益が期待できる不動産です。景気の変動を受けやすい特徴はありますが、マンションなどに比べて賃料単価を高く設定できます。

マンションやアパート

マンションやアパート

商業施設ほど収益は高くありませんが景気に左右されないため、マンション・アパート経営は安定性に優れているといえます。

長期にわたって安定した収入が得られ、家族信託事業承継などと一緒に賃貸経営を行うと、資産を守ることにも繋がります。

市街化調整区域での小型風力発電の可能性

市街化調整区域での小型風力発電の可能性

市街化調整区域の土地を所有していて、扱いに困っているという方は多いのではないでしょうか?

市街化調整区域は、農林水産業を活性化させるため市街化を抑制している区域のため、建築物に対して様々な原則があります。
このような土地を有効活用する手段として、小型風力発電の設置を挙げることができます。

再生可能エネルギーといえば太陽光発電をイメージする方は多いと思いますが、世界的にみると圧倒的に風力発電のシェアの方が高いです。固定買取り制度などを活用すれば、扱いに困っている土地の可能性を広げることができます。

遊休農地の活用方法で悩んでいる方は、三重県のエイト不動産Labにお任せください。
不動産の活用だけにとどまらず、相続対策や代理交渉など幅広くご相談を承っています。

認知症や倒産などのリスクに強い家族信託のご提案も行っています。三重県の不動産に関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP