不動産エージェントのエイト不動産Labの古い不動産再生術のページです。

古い不動産再生術

Real Estate Agent

  • HOME
  • 古い不動産再生術

古い不動産再生術

築年数が20年を超える賃貸物件を新しく建て替えても、満室になるとは限りません。しかし、簡単な工事や顧客ターゲットの見直しをするだけで、問題が解決することもあります。ここで古い不動産再生術について、いくつかご提案いたします。

プチリフォームで収益アップ

プチリフォームで収益アップ

顧客ニーズを満たさない古い設備や間取りをプチリフォームして、収益アップに繋げることができます。
例えば、和式トイレから洋式トイレに、畳をフロアマットやフローリングに、古いバスルームをユニットバスに替えるなどのリフォームが挙げられます。

また、日当たりの悪い部屋はスポットライトなどの照明で工夫したり、古いキッチンをシステムキッチンに替えたりするだけで、明るくてオシャレな印象を演出できます。

収納が少ない賃貸物件の場合、デザイン吊戸棚を設置する、壁紙やクロスを工夫して雰囲気を変えるなど、個性的で特徴のあるお部屋作りに役立ちます。周囲の競合物件と差別化を図り、時代のニーズにあった賃貸物件であれば賃料アップなどの効果も期待できます。

高齢者向けの賃貸住宅

高齢者向けの賃貸住宅

高齢者向けの賃貸住宅として、入居者を増やす方法もあります。
不動産業界では、65歳以上の高齢者向けの賃貸住宅を敬遠する傾向も見られます。これは所得が低いため滞納の心配や、突然死などのリスクに不安を感じていることが要因です。

しかし、少子高齢化の影響もあり、これからも高齢者の方が増えることが予想されています。そこで古い不動産を使って、ターゲットとする入居者層に合った賃貸住宅を経営する方法に注目が集まっています。

高齢者向けの賃貸住宅を検討するのであれば、様々な制度を利用したリスク対策は不可欠です。
例えば入居率の向上に役立つ「高齢者円滑入居賃貸住宅の登録・閲覧制度」、家賃の支払債務を保証する「家賃債務保証制度」、定期的に高齢者を訪問する「ライフサポートアドバイザー制度」などが挙げられます。

シングルマザーたちのシェアハウス

シングルマザーたちのシェアハウス

シングルマザーは様々な問題を抱えています。離婚による葛藤や経済的な不安などを抱えたまま子育てを行うので、心身ともにギリギリの生活を送らざるを得ません。

そこで注目が集まっているのが、同じ環境に置かれているシングルマザーたちが助け合って暮らすシンブルマザー専用のシェアハウスです。シングルでの子育ては周りのサポートが必要になることも多く、さらに子育てと仕事の両立を目指す方が増えている背景などから需要は高まっています。

共同生活における意見の相違やトラブル、シングルマザーのメンタルケアといった面を考慮し、専門のケアワーカーを派遣するなどの対策が必要です。

古さの魅力を活用する

古い不動産を逆手にとって、魅力を最大限に活用する方法もあります。例えば白壁を残してフローリングを黒に統一する、玄関先に土間を設けてダイニングを設置する、大きな鏡を設置したエクササイズ部屋など、常識をくつがえす和と洋の融合は、新しい価値観を生み出す原動力になる可能性があります。

エイト不動産Labは、三重県津市で活躍する不動産エージェントです。不動産のスペシャリストが、不動産再生に関する様々な情報をご提供いたします。

不動産再生事業以外にも、土地一戸建ての賃貸や売買事業用の不動産に関するご相談などにも対応いたします。津市を中心とした不動産のお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP